【1890万件】前橋安い引越し業者【口コミランキング】/人気で安い料金のおすすめはドコ?

kobetete.png

前橋で家財引越しの料金相場や激安方法

2.png元運送業界の管理人が語る!

大型家電など家財道具を引っ越すための料金相場を知りたい場合、どんな手段を実行したらいいのかご存知でしょうか。

引っ越し当日まで余裕がないときや、各業者との交渉事が苦手な方は特にお勧めのやり方をご紹介したいと思います。

それはというと…WEBの一括見積もりサイト経由で引越し会社に見積もり依頼をする、これだけでOK!!
そうする事により、一回のみの見積請求で多数の会社から見積りを取り寄せることができるようになります。
だいたいが出揃って来たら、同様の家財引越し物でも、会社により料金が違うことに驚愕するかもしれません。なので、多数の会社から見積りを出させるという点が家財引越しの業者を決定する前に必ずやるべきポイントなんです!

ベッドやソファー、テレビなどの家財道具を送る場合、目安になるのがクロネコが運営する「家財宅急便」。
ヤマトのグループ会社、ヤマトホームコンビニエンスというところです。こちらは引越し会社です。
何が違うかと言うと、ヤマトの宅配は部屋からの搬出、外からの搬入作業も対応なしなので料金が安いです。一方でヤマトホームコンビニエンスの家財宅急便は部屋の奥から搬出する等、引越し会社のくくりなので対応してくれます。料金は比較して高いです。

2015-11-30_193203.png

ここでサカイ等の会社と値段交渉するなら、このヤマトの家財宅急便の料金を基準にして金額が安くなるか確認してください。
もちろん、業者の繁忙やスケジュールで、ヤマトより安い業者を発見する場合もあり得ます。

こんな時、最安値を見つけたいなら、一括見積もりサイトが便利ですね。
電話で聞いていく手間が省けます。いくつかの空欄を入力すれば、即料金を知ることができますよ!

同じく運送業者の大手、佐川がやっている大型家具・家電設置輸送サービスというものがありますが、個人を対象にはしていません。

日本郵便局のゆうパックだと、縦・横・高さの長さ制限が170㎝までなので、大きな家具家電では利用できないでしょう。

家財の引越しで損をしない方法


前述したとおり、家財引越しで泣きを見ないためには、いくつもの業者から見積りを出させることが大事です。
「聞いたことがあるところだからここに決めちゃおう」なんて理由で他の業者から見積もりを取らなければ、価格はその会社の言い値になります。
思いがけず高くなっているかもしれませんよ。

ですが、各会社にそれぞれ見積してもらうのは非常に面倒ですよね。そこでお勧めしているのが、このような一括見積もりサイトからの見積依頼方法なのです。

家財引越しに係る相場や値引き方法を見つけたい場合、一括サイトを利用するべきとお伝えしました。具体的に何故この方法が良いのか、ご紹介していきます。

1.一社ずつ見積もりを取り寄せるより、サイト経由の方が値引き額が大きい
2.一括見積もりサイトなら1回だけの申し込みで最大10社に一括で請求できるので簡単

「大幅に安くなる」と言う点ですが、これは業者側の「ライバルに勝たなくては」という意思を自覚してもらい、価格競争をしてもらう、という手法です。
こちらから業者に面倒な交渉を持ちかけなくても、「サイトからの問い合わせ」つまり「他の業者と比べていますよ」という前置きのある見積請求なので、業者も初っ端からライバル業者の価格を意識し、料金を安くした見積りを出してくるだろう、というわけなんです。

こういった方法なら、交渉事が不得手な方や、時間がなくてついつい「ここでいいや」となってしまうような方にも簡単に激安にすることができそうです。

ただし、このやり方で大幅値引きをしてもらうのが可能なのは、閑散期と呼ばれる時期が基本で、業者側が予約で混雑する時期だとあまり安くはならないかもしれません。

少しでも受注したい!というスタンスの会社だったら、良心的で格安な見積もりを作る可能性もあるので、どんどんたくさんの見積もりを取るようにし、見比べるのがおすすめです。こうして集めた見積りを見てみれば、相場の価格も見えてくるのです。

最も安い業者を選ぶもよし、相場と比べて高すぎない会社の中から、口コミ高評価のところを選ぶもよしです。
 

家財1点だけでも引越し業者は嫌な顔しないのでしょうか?

引越しと聞くと大き目の家財や山盛りの段ボールとかなりの量を頭に描く人もおおいことでしょう。しかし最近は例えばベッド1つだけ運搬してほしいという方がかなり増えています。
昔なら大家族が基本で一人で持ち運び厳しい家財道具を男手に頼ったりしていましたが、最近は一人暮らしが多いのがその理由です。
業者側からしても大切な収益になりつつあるので、もちろん喜んで家財1点だけの運搬を受けてもらえますよ。
 

もし家財を処分する時の料金はどの程度でしょうか?

大きな家財を廃棄に出す時には料金がかかります。各地域で料金は違いますが、3千円弱かかるのが一般的です。
注意点は、重い家電などを玄関先まで搬出する事が必要ということです。その時も引っ越し業者が搬出作業を対応してくれます。
 

引越し荷物の一時預かりについて

torawkku.jpg

引越しの会社人いない人はイメージがつかないでしょうが、家のリフォームなどで一時的に自宅の荷物をクリアにしたいとき 一時預かりサービスを各会社で実施しているんです。
おおよそ1か月あたり4トンくらいの荷物量で4万円くらいが相場です。4トンの量というのは、4人家族の平均的な料になります。
会社により金額は大きく異なるので何社にも聞いてみることをオススメします。

家財引越しの際、日通でも1点だけの引越しでももちろん応じてもらえます。料金概算を出してその都度見積もりが出ます。一概に安いとも言えず、確認しないとはっきりとは言えません。

家財のボリュームを考えようと思っても、種類が多すぎて忘れてしまいがちです。

夫婦のベッドや大きなサイズのベッド、60型くらいの大型テレビなど、大型の家財引っ越し作業も引越し会社の人が対応にあたります。
こういった物は腕のある人間でないと故障の原因に繋がります。実績のある大手がお勧めです!

wall-416060_1280.jpg

万が一の事故の際も標準規定によって、保証を受ける対象になりえます。
スムーズに進むのが大前提ですが、万が一の事態に保証のことでトラブってしまうのも引っ越し。
安全の実績を重要視したいものです。
kobetete.png