【1890万件】前橋安い引越し業者【口コミランキング】/人気で安い料金のおすすめはドコ?

【1890万件】前橋引越し業者口コミ【比較ランキング】/人気で安い料金のおすすめはドコ?


元前橋の引越し業者で6年勤務していた当サイト管理人です。

引越しは、誰一人同じ荷物の量・距離の人がいないので、どこが安いかランキングにできませんが、

元引越し業界人としおススメの安い引越し業者は、
  • サカイ引越センター
  • アリさんマークの引越社
が評判です。

安い料金にする注意としては、1社だけに依頼すると料金が高くなるので、何社かに見積もりをとることです。ライバルがいるので最初から安い料金を提示してくれます。

とはいえ1件1件電話をかけるのは非常に面倒ですが、一括見積もりサイトを使えば30秒でサカイを含めて大手複数社へ依頼がかかり大変ラクです。もちろん料金が高いなと感じれば、依頼する必要はないので、料金だけでも確かめないともったいないですよ!
 
 

【2390万件!】前橋の口コミランキング

引越し侍という一括見積もりサイトでは、引越しを実施した人に口コミを聞いています。その数、2390万件!
以下がその結果です。

↓画像をクリックすると詳しい内容が書かれたページが表示されます  

image.png
アーク引越センター、サカイ引越センター、アート引越センターがどのカテゴリーでもトップを獲得しています。

同じなのは、営業や作業員の態度がいい、そして、引っ越し費用の料金が安い。

万が一ランキング・アンケートの数が僅かなら「信用できるの?」とランキング順位を信頼できない場合もあります。しかしながら2000万人が答えたアンケート結果なら、信頼してもいいですね。

本音をいうと、私は毎度サカイ引越センターにお願いしますが言うことなしです

IMG_1618111.jpg

 
アーク引越センター、サカイ引越センター、アート引越センター含めた一括見積もりサイト

前橋の引越しで安い日はいつなの?


業界における常識として前橋の引越し会社自体が閑散期だと価格が下がる傾向にあります。

isogashii.jpg


「仕事がない」、と社員に一切何もせず暇にさせるわけにはいかないので、多少安くたって「なんとか働かさせたい」「仕事を取りたい」と想いがあるからです。

したがって引越し業者が繁忙期ではない日時を狙えば、我々はとても安い価格が望めます。
 

前橋の引越しは何曜日が安いの?


carender.jpg

土日祝日は引越し業務が多数でるので料金が高目です。とりわけ土曜日が圧倒的に高いです。土曜日に引越しをすることで、段ボールを日曜日にかたづけたり、室内の配置換え模様替えに時間をさけます。

一方で平日は土日祝日にに対して業務量が1/3程です。すなわちとっても低い料金が望めます。
 

前橋の引越しで何月が安いの?


転勤や進学、就職など引越をする人がとても増える2月-4月は料金が3倍になります。

次に9月-10月が転勤が多い時期になり価格が高目です。その他の月は料金の平均相場にあまり差がないです。
 

前橋の引越しは月初・月中・月末でどれが安いの?


03733.jpg

住居を賃貸している方は、月末まで契約をしていることがほとんどです。

区切りの良い月末で引越しをして、月初め1日から新居で住もう!という方がものすごく多いです。

つまり、引越し業者は月末に仕事が集中し、月初と月中は仕事量が落ち着きます。安い価格をいただくなら、できるだけ月末以外で引越し作業をお願いしたいですね。
 

六曜日も気をつけて!

仏滅/大安/友引/赤口/先負/先勝といわれる六曜も引越しの日取りで人気・不人気があります。大安をゲンが良く人気で引越し業者は非常に忙しくなります。逆に縁起悪い仏滅は、引越し業者が暇になる時期です。安い見積もり料金は仏滅がおすすめです!
 

【前橋の引越しで最安値を期待できる日取りまとめ】

image_2.png
  • 平日
  • 2.3.4.9.10月以外
  • 月初か月中
  • 仏滅
に依頼するです♪

 

前橋の引越しで一括見積もりサイトを使うと、なぜ料金が安くなるの?

サカイ引越センターやアート引越センター、日通の引越し、クロネコヤマト、アーク引越センター、ハート引越しセンター、アリさんマークの引越社含めた200社以上の中から一番安い料金提示の会社を選べる、無料一括見積もりサイトが今人気です。 各業者としては最初からライバルがいるので料金を安くせざるおえません。 結果、あなたの引越し料金がとても安くなります。 前橋の引越し料金で安い見積もり価格をもらうのにおすすめの方法です。 もちろん希望通りの価格ではない場合、キャンセル料もかかりません。 「料金だけ確かめる」、という方にも便利なサービスです!  
1部上場会社エイチーム運営の一括見積もりサイト
 

前橋の引越し手続き場所

前橋での電話番号やインターネット回線変更手続き

前橋に住んでいる多くの方がNTTでしょう。新居へうつる前に、手続きを済ませしましょう。
NTT東日本 電話番号 : 0120-116-000

前橋での東京電力への手続き

引っ越し前に手続きを済ませます。カスタマーセンターの電話対応が非常にいいです。スグに電話しましょう。
東京電力 電話番号 : 0120-995-221
           :  027-898-3406 (有料)

前橋のガス会社への手続き~新居と旧居、両方あるので忘れずに~

現在のお住まいのガス供給会社へ供給をやめる日にちを伝え手続きします。次に、引っ越し先で供給しているガス会社へ連絡し手続きを完了します。 どこのガス会社がわからない場合は、物件のオーナーや管理会社へ確認するとスグわかります。
東京ガス 電話番号: 0570-002-211(ナビダイヤル)

前橋市水道局への手続き

引越し予定の日にちを、伝えましょう!
前橋市水道局 電話番号 : 027 -890 -3300

転入・転居届を前橋市へ提出する場合

どの市役所で対応する必要があるかは、前橋市役所にて教えてくれます。 転出届の提出は、転居後、14日以内に必ず届け出る必要があります。忘れがちなので注意をしてください。
*国民健康保険や印鑑証明書、国民年金の手続き忘れないよう注意。お子様がいる場合、児童手当・母子手帳の変更や手続きも有ります。
前橋市役所 総合電話番号 : 027-224-1111(代表)

自動車運転免許証の変更手続き

  1. 自動車運転免許試験場
  2. 優良自動車運転者免許更新センター
  3. 近くの自動車の住所変更対応の警察署
で対応可能。 詳しくは、 前橋市の運転免許センター、試験場または各警察署で詳細確認をお願いします。
 
運転免許センター住所 :群馬県前橋市元総社町80-4(電話番号:027-253-9300)

車庫証明の手続きも忘れがちです。ご注意を。

前橋の引越し費用相場は?

新居までの距離 荷物の総量(一般的) 荷物の総量(多め)
20キロ以内 49,000円 57,000円
50キロ以内 56,000円 60,000円
100キロ以内 74,000円 82,000円
200キロ以内 78,000円 82,000円
300㎞キロ 97,000円 110,000円

 

前橋の家族引越しの場合の相場

 

移動距離 2人の場合 4人の場合
20キロ以内 60,000円 80,000円
50キロ以内 70,000円 95,000円
100キロ以内 90,000円 101,000円
200キロ以内 105,000円 125,000円
30キロ以内 148,000円 212,000円

前橋の引越し業者の住所・電話番号一覧

 
会社名 住所 電話番号
日本通運_群馬支店_群馬引越センター 前橋市中内町79-1 0120-154022
ハトのマークの引越センター_前橋センター 前橋市五代町677-2 027-269-8109

前橋で住みやすい地域は?

1476-520x390.jpg
群馬県前橋市は、群馬県の県庁所在地として有名でですが、前橋の県庁付近や群馬テレビがある通りは大きめの国道があり、酷く混雑するため移動の際少々不便です。定住するのであれば、前橋の外れにある大胡町がお勧めです。都会なわけでもなく田舎過ぎるわけでもない、ショッピングモールもあるため買い物も便利です。また、子どもがいる家庭は近辺に大きい公園がいくつかあるためのびのびとした発育にも良い場所です。 いずれにしても中心部ではなく、外れの旧大胡町や粕川村だった場所に住めることが一番理想的なのではないかと個人的に考えています。

元引越し屋が答える、前橋で安い引越しを実現するためのQ&Aコーナー

単身での引越し料金が安いのは?
a0001_015951.jpg
単身での引っ越しは大して荷物が多くないことが多く、普通の引越しよりも単身専用パックや、非常に暇な引越し会社を探す方が安く利用可能となります。ただし、かかる金額は会社によって変動しますので、最安値を探したい方ですと、見積もりを出してもらい比べる必要があります。

インターネット上の一括引越し見積もりサイトを使うと、一発で何社にも見積もりの請求ができてしまうので便利です。なお、何かのパックだと選べるサイズや量が予め決められています。その範囲で収めることができるかがポイントですね。単身用の冷蔵庫や、段ボール10個程度まではOKな場合が多いです。高さにも決まりがあるので、大きな家具だと追加料金が発生する事もあり得ますから気を付けてください。
ワンルーム引越しが安い時間帯は?
wanroom.jpg
平日のフリー便が一番安いです(午後で時間指定なしや、その日の最初の便だと価格が2倍近くかかります)。なぜなら大抵の顧客は仕事のない土日に引っ越したいと考える事が多いからです。

平日でも特に時間を決めないフリー便利用なら、引越しが入っていない時間帯に空きトラックを有効活用事が可能になります。けれども、業者の方に都合が良くなるこのやり方は、好きな時間に引っ越したい顧客にとっては面倒でもありますし、業者の都合に合わせるだけだと、この枠の予約が取れません。そこで折り合いをつけようと、利用者側にも利点があるように、低価格で受注するということなんです。

そして引越し料金は運ばれる荷物分量にも左右されます。1Rなら荷物もそこそこなので、車も最低限で充分です。ですから、スタッフ数も最低人数で人件費も低めで済み、かつ朝夕の隙間時間に受注できるならば、多少安く取引してもいいか、という考えですね。
学生の引越しで安い業者は?
gakusei.jpg
学生なら、狭い部屋での単身引っ越しがほとんどなので、大手以外、もしくは、大手でも暇なところがオススメですね。

しかし、学生はPCや資料で荷物のボリュームがそれなりに多かったり、親が用意した高価な家電がある場合もあるので、故障のさいに保障規定がしっかりとしている大手だと、きちんと対応してくれるのでなにかと安心です。

どっちにしろ、まずは複数の業者に訪問してもらい見積もりをしてもらってから、比べて決めることが1番です。社会人のように拘束される事が少ないので、日にちや時間は業者に合わせられることが多いと思いますので、極力多くの候補日を挙げるようにしましょう。業者の人から「この日なら安くしますよ」という提案がされることもありますし、交渉に自信があるなら自分から提案してもいいかもしれませんね。
引越しは午前と午後のどちらが安い?
tokei.jpg
引越しは普通は午後の方が安いです。なぜなら、午前の依頼は業者がその1日で1件目の作業をすることになるため、依頼する側との約束のスタート時間を遵守する必要があるということで、ある程度は終わる時間が読めるので午後の時間が確保でき、顧客側に利点が大きいため割高の設定になっています。

その一方で午後の引越しでは、その前の引越し業務が終わり次第着手するので、
明確な開始時間が分からない為、その分料金で還元しています。大体の時間は伝えられるので、不測のハプニングでも発生しなければ、時間が大きく変更されることはそれほどありません。時間が確実ではないので多少モヤモヤするかもしれませんが、同区内の引越しや荷物が少な目な時は得の方が大きいでしょうからうまく利用しましょう。
引越し費用が安い時期は?
引越しにかかる料金が安くなる時期は閑散期とも呼ばれる5月半ばから7月までと、あとは1月です。

新生活にも慣れはじめ、異動などもめったにない頃合いです。その中でも6月・1月は天気が不安定な時期なので、避けたがる人が多くなります。8月前後も猛暑が懸念されるので作業をするには除外する人が多いでしょう。

閑散期に引越し希望を出すことで、繁忙期よりは数万円も安くなる事もあります。
また、引っ越し料金を抑えるには、閑散期中でも平日を希望する事です。閑散期とはいえ、土日の希望は少しはあります。また、慣習的に仏滅は嫌われがちなので、平日に仏滅があたり、閑散期だと予約が少ない可能性が高いので最も安く引越依頼が出来ると思います。
引越し業者の段ボールの販売は安い?
IMG_17171.jpg
引っ越しの際の段ボール箱の販売は、ネット通販などで入手するより格段に安くなります。

業者によっては箱を使いまわししているところもあり、少々傷などはありますが、かなり安い金額で買うことができるのです。

契約した内容によっては、各種段ボール等資材が最初からセットになっているケースもあります。その場合、大体2,30個ぶんという事が多く、足りない分は自分で細くする必要は出てきますが、業者側もきちんと荷物の量や引っ越す人数を考えて手渡す梱包材のボリュームを決めるので、大幅に足りないという心配はいりません。

引越し業者を検討する際には、こういったサービスの部分も気にしつつ、いかに出費をおさえられるかも重要視しましょう。
仏滅の引越しは安い?
2016-08-09_110023.png
結局は、引越料金を安く抑制したいなら、仏滅にするのが1番です。
まだまだ日本では縁起を担ぐという人が大変多く、このような避けるべきとされる日は引越依頼が減少傾向にあり、業者としては手が空いてしまいます。特に縁起をかつぐタイプの方でなければ、この仕組みを利用しない他ありませんよね。

普通よりもおおよそ最大2万円ほど安い金額で申し込み可能なので、相当お得感があります。

また、閑散期なら更にコストカットが期待できます。結婚式なんかだとやはり日取りの良い日を探したいものですが、仕事や進学でただ単に上京するというだけなら、安さを重視してもいいでしょう。

今でもカレンダーを見ると大抵友引や大安などが記載されているので、一目でお得な日が分かるようになっています。
 

前橋で1月から12月までの引越し料金が高いか、安いか紹介

前橋で1月の引越しは安い?
1gatu.jpg
年始の時期の引越しは、低料金になる場合が多くあります。もっとも忙しいシーズンは、3月です。あと、転勤シーズンである9月もある程度多忙な時期です。繁忙期には、引越し予約が増えるので、相場が高くなる傾向があります。1月はお正月があるため、のんびり過ごしたいという人も数多くいますので、依頼はあまりなく、時間をもてあますことになります。それで、業者の予約が簡単で、相場も低くなる傾向があります。新年度直前になると新しく会社に入った人や大学1年生になる人が新しい家に引越しをする頃なので、業者を予約するのが難しく、費用も割高になります。ですから、2月に引越す人たちも多く、2月もある程度忙しくなります。ですが、大急ぎで引越ししても、家賃がそのぶん多くかかってしまい、結果として余計なお金がかかることもありますからよく考えてください。
前橋で2月の引越しは安い?
2月の引越しが安いのは、前半です。そのワケは、中旬にさしかかると、引越しの時期になるからです。需要が特に高い3月と比較すれば安いですが、2月の中旬を挟んでその前後では相場が変わります。一番費用をおさえるには、前半のウィークデーがお勧めだと思います。そのワケは、引越しの需要が少なく、どこの業者もお客さんの確保に全力を挙げていて、こちらに都合のよい料金を提案してくれるからです。まずは、一括見積もりサイトを利用するとよいでしょう。いくつもの業者の値段を一括で見積もることができ、それぞれ比較しやすいというメリットがあるからです。業者が決まったら、見積もりしてもらうための訪問を依頼しましょう。その際、いくつかの会社に依頼するのも構いません。見積もりにきてもらえば、料金の交渉がやりやすく、営業さんは、他よりもお得な金額を提案してくれるでしょう。
前橋で3月の引越しは安い?
3月の引越し費用は、高いです。国外では9月を一年のスタートとしている国も多いのですが、私たちの国では4月を基準に新学期が始まるために、実家から離れて大学などの高等教育機関へ通学するために独立した生活を始める人も多くいる時期です。それに、社会人になって就職して新入社員になるというシーズンなので、3月の中頃から後半にかけては一年を通して一番引越しが多い時期でもあります。そのために、引越し料金はとりわけ高くなりがちです。とはいえ、上旬であれば多少はリーズナブルな料金の設定を用意している業者もいます。都合さえ和えば、引越し需要のピークである半ば以降を避けるというのも費用を抑えて引越しする手段です。
前橋で4月の引越しは安い?
4gatu.jpg
4月の相場はその前の3月より確かに安いですが、長い目で見ると決して安くはありません。4月は1日でも引越しがズレると料金相場がガラッと変わる時期です。特に上旬は新しい生活の準備の最中という人も多いので、まだまだ繁忙期にあたります。ですから、他の時期よりも料金が1.5倍以上にまで高騰するシーズンです。逆にお勧めなのは4月の後半です。ここまでくると多くの方が新しい生活のスタートを切っているので、業者の方々はいったんヒマになります。月末になってゴールデンウィークがかかってくるとまた費用に影響が出てくるので、引越し料金を節約するのなら月の半ばが良いでしょう。そうするためにも、業者の人たちの空き状況や相場の変化なども追いかけておきましょう。
前橋で5月の引越しは安い?
5月の引越しにかかる費用は割安です。それには大きな理由があります。最初に、引越しのシーズンは、新生活が始まる春先に集中します。その結果、3月と4月がハイシーズンを向かえるので、その時期を外せばそれなりに安くなります。ピークから外れた5月の料金も安いですが、気を付けてほしいのがゴールデンウィークを含む大型連休です。連休の時期は、時間に余裕があるので引越しを計画する人が増えて引越しにかかる費用が高くなる傾向にあるので、連休の時期を外すことで料金をおさえられます。加えて、各業者には提携しているクレジットカード会社があって、ポイント還元してくれることもあるので、ポイント還元サービスを利用してさらにお得な引越しが可能です。
前橋で6月の引越しは安い?
6月の引越し費用は安くなります。どうしてかというと、年度の終わりの引越し需要が過ぎているので、利用者が少ないからです。くわえて、6月は祝日がないため、休日の日数が少ない月になります。そんな事情も安くなっている理由のひとつです。以上のことから、休みを取れる人なら、安く、混雑していないためスムーズに引越しできるという点で、6月のうちに業者を利用することは利点が多くあります。また、引越し業者だけでなく、不動産業界も、需要が集まらないシーズンなので、同様に安い相場になる傾向があります。ですから、引越しにかかる費用を合計すると、この月はかなり費用をおさえることができ、お金をセーブしたい人にとっては大きなメリットがある月であるといえます。
前橋で7月の引越しは安い?
7gatu.jpg
7月の料金相場は他の月と比べると安い方です。それでも、気を付けたいのは、7月ぜんぶが割安というわけではないことです。7月の引越し料金は安めの時期と高めの時期に区別されるので、この月に引越しをした場合は要注意です。相場が変わるのは梅雨明け宣言です。梅雨が開ける前の7月中旬までは、天候が悪く、また世間一般的には夏休み前なので、このあたりで引越す人も少ないので、引越しにかかる費用は平均的なものです。それに対し、梅雨明け宣言が出されて、さらに夏季休暇に突入した後の引越しの金額は、このタイミングで引越しする人の数が増えるに従って高くなります。なんとかしてお金を節約したいのならできるだけ中旬までにスケジュールを組みましょう。
前橋で8月の引越しは安い?
8月の料金相場は決して安くありませんから、時期をずらして予定を組んだほうが良いでしょう。8月に入ると、学生なら夏休みなど、長期休暇をとりやすいシーズンなので、この長期休暇の間に引越しをする人がいることで、ピークが発生するのです。そういう事情で、その前後の時期である7月、9月ならば、費用を抑えやすいと言えます。ただし、7月は暑いので、暑さの盛りを過ぎてから活動開始するということで、9月に引越すのも一つの手です。なお、9月中に引越しを計画するとしても30日の中のどれでも良いわけではありません。具体的には、週の中日は引越しをする人があまりいませんし、仏滅の日を避けるという人もいますから、あえてこういう日に引越すのも選び方の一つでしょう。
前橋で9月の引越しは安い?
9月は意外にも引越し需要が高く、ピークの山である8月の料金と比較しても、そう費用の大きなダウンは望めません。年間を通しても高いと思って間違いありません。特にこの時期に多いのは転勤に伴う引越しです。この月に年度末になる企業も多いので、翌期にそなえての人事異動の影響で引越しが増えるのです。それに加えて最近は9月に大型連休ができ、その期間に引越す人が多いため、9月後半はさらに金額がアップします。わずかでもお得な業者を探すために一括で見積もりを依頼したり、できるかぎり平日の夜間便などのリーズナブルなプランを活用しましょう。8月さえ避ければ値段が下がるだろうと考えて、9月に入ってから引越し業者を手配するのは危ないので、前倒しで計画を立てましょう。
前橋で10月の引越しは安い?
10gatu.jpg
10月に転居すると料金が安くなります。その理由は10月中は引越し会社がわりと暇を持て余しているからです。一番業者が慌ただしいのは春先の3月、4月です。3月とか4月などは新しい学校や会社へ入るシーズンですから、どうしても住まいを移す人が多くなり引越し会社も忙しくなります。そのほか一年の終わりの時期も業者の人たちがバタバタしているので、料金も高めになります。ハイシーズンに予定を組んでも、予約がいっぱいになっていることも多く、計画通りに予約が取れないこともしばしばです。業者が引越しシーズンに予約してしまうと、相場が高くなるだけでなく、作業員もアルバイトが多くなるので、作業のパフォーマンスも落ち込みがちです。引越しシーズン以外の引越しであれば、相場が安くなるだけでなく、サービスのクオリティも良いので、余裕があれば、繁忙期以外に業者の方々にお願いしてみましょう。
前橋で11月の引越しは安い?
11月に引越す際の費用は、一年全体を通して疑いなく割安だといえます。10月と比べてもとても割安だといえます。1ヶ月だけの違いで費用にも大きな料金差が発生するので、ほんのちょっとでもお得な時期に上手にお引っ越ししたいものですよね。11月の引越し件数は一年を通じて多くないので、引越し会社はどこも同じくヒマを持て余しています。もちろん不動産取引をする業界も時間が余っています。利用者が少ないので、わずかでも客数をアップするためには、料金を下げるしかないですよね。そのために安さに繋がるのです。引越しというものは予告なく決定するものが多く、自分の希望に沿って「何月に引っ越したい」とそんなには決められませんから、やむなく混雑期に引越しするはめになることも多いですが、もし前もってスケジュールを立てられるなら積極的に押さえたい月といえます。
前橋で12月の引越しは安い?
12gatu.jpg
12月の引越しは、引越し業者からすると閑散期になるため費用が安くつきます。この時期は本当に予定外で急なパターンでなければ引越しを計画する人が少ないためです。それでも、中旬以降は冬期休暇に合わせた駆け込み需要も少なからずあるため、3月4月と変わらないハイシーズンになると考えておきましょう。狙うなら初旬から中旬にかけての平日です。どうしても中旬以降になってしまう場合でも、それでも基本は土日祝日以外で、引越し作業も業者の都合に任せるフリー便などで申込みをするようにして、ちょっとでも費用を安くするように頑張ってみましょう。それと、荷造りは自分たちで済ませたり、梱包材も手持ちのものを使うことで費用の節約ができます。基本的なテクニックである相見積もりも試してみましょう。
1部上場会社エイチーム運営の一括見積もりサイト
 

関連ページ